目黒区区議会議員 飯田倫子>

子ども手当てにつき第二回目黒区議会本定例会で質問しました

後援会のご案内

区民の皆様の声を飯田みち子を通じて区政に反映させるために、
皆様のご御入会をお待ちしています。

詳しくはこちら

最近のブログ記事

事務所所在地

〒152-0033 目黒区大岡山1-27-8
TEL/FAX:03-3717-3760
電話の対応時間 AM10:00~PM21:00

twitter

2010年9月アーカイブ


なにやら心配。

写真.jpg尖閣諸島付近で不穏な動き?

 区政には直接関係なく、私が心配してもしようがないことだが、ここ2,3日新聞記事でも報道されている尖閣諸島付近で中国の漁船の船長が海上保安庁の巡視船に逮捕されたことや、台湾の活動家を乗せた漁船が保安庁の巡視船に日本の海域に入ろうとして阻まれた事件が出ている。テレビでは殆ど大々的に報道されずにいて、私は不思議だなとさえ思っている。

 中国国内では、日本政府がこの漁船を連行し船長を日本に留め置いていることに抗議のデモがあちこちで起きていて、中国政府も反日デモを警戒していると報道した上で、東シナ海でのガス田開発の条約締結交渉会合を強気の姿勢で延期してきた。中国の漁船の方が巡視船にぶつかってきたのに中国側はその逆を国内で報道しているようで、日本の丹羽宇一郎大使が夜中に5度も呼ばれ、釈放などを要求されたが、大使は毅然と応対したようでいくらかは安心したがこの先が心配だ。どうやら、中国という国は力づくで自国の利益を追求するところが見受けられるようで、軍備増強もその為かと見えてくる。日本側もいけないのかもしれない。外交面ではっきりとイエス・ノーを突きつけるある種強気の外交を考えねばならない時期にきているだろうと思う。だから、アメリカとの連携が辺野古の問題が大切な案件だ。沖縄の皆さんには本当に申し訳ない気がするが、日本人には理解できない思考回路で行動してくる国が間近にある以上、ここらで自国の防衛をしっかり考えるべき時期にきていると思う。日米同盟を軸に着々と自力をつけるも良し、これからの方法を現政権はしっかりとし示す責任がある。 

 本当は、日本も早めに自衛隊が尖閣諸島に乗り込んであちらが占拠してしまう前に陣取りをしないとだめかもしれない。もしかしたら、大勢で乗り付け生活を始める手立てを講じてくるかもしれないから。

 

   

                                                                             

 

このページのトップに戻る