目黒区区議会議員 飯田倫子>

子ども手当てにつき第二回目黒区議会本定例会で質問しました

2012年8月アーカイブ


長崎県 対馬市を訪れて。

 昨日の国会でも予算特別委員会の変形で午後だけ与野党の議員の方々の議論の課題となっていた、我が国の領土問題~とりわけ最近動きのあった竹島・尖閣の質疑が行われていました。この頃になって急に韓国大統領が竹島上陸し、その後記念碑の除幕式を行うなど日本国民の私達が報道を通じ目にした通りの事件が起きています。

そこで、夏の間の少し時間のある時に、竹島には行かれなくともその近くに様子を見に行って参りました。我が国は国自体が島国で他の国と国境を地続きで境している訳でないので、とかく領土境界について呑気だったと言えるようです。今回は、長崎県対馬に行って見ました。行程は2泊3日間を組み、以下の通りで廻って見ました。

P8200571.JPGP8200593 (0).JPG

1日目 羽田⇒福岡⇒対馬⇒航空自衛隊、海栗島駐屯地⇒対馬・韓国展望所⇒対馬市議会事務局

2日目 竹敷、海上自衛隊⇒万松院⇒鳥帽子岳展望所⇒和多都美神社

3日目 北九州市次世代エネルギーパーク

対馬の概略

 地勢・・・福岡市まで138キロ 釜山まで49.5キロ 肉眼でも好天時には釜山の街並みが見える。

      島の形状は南北に82キロ 東西に18キロ 面積は708,8平方キロ 長崎県全体の

      17,3%を占める。

      島を上下に分断する浅茅湾(あそうわん)はリアス式海岸 大小107の小島からなり

      有人島は4島と対馬町のある海栗島の5島。 

 P8200587 (0).JPGP8200582.JPG

 

 歴史・・・対馬、という地名の所見は3世紀の魏志倭人伝に見られるが、1万年前洪積紀の

      末期に朝鮮半島と日本列島が切れて、それまで大きな湖であった日本海が東シナ

      海に通した時対馬が「島」の形で誕生した。その後朝鮮半島が乱れた時期、

      百済の支援に日本軍も向かったり、逆に攻撃に遭うなどさいた時、664年対馬に

      天智天皇が防人(さきもり)を配置。

      667年には金田城を築いた。1274年には徳川宗家が蒙古襲来にも耐えた。

      遣唐使、遣隋使派遣に時代を経て、豊臣秀吉の朝鮮出兵を経て、1861年の

      ロシア軍艦の襲撃も受け、対馬海戦で苦しんだ。<その頃の対ロシアの防御

      態勢が今も残り海上自衛隊の情報収集の為の待機となっている>

      明治4年、廃藩置県で長崎県に編入されて現在に至る。

 P8200581.JPGP8200584.JPG

 

☆ 昨日の国会質疑で、自民党の下村博文議員が質問に取り上げていて驚いたのは、ウルルン島にある独島博物館の前庭に碑がありその碑の表面に「対馬は韓国のもの」という刻みがあるとのことだった。写真が国会で資料配布されTV画面にも映ったが、本当に驚いた。これはH18年に自民党議員4名がここで写してきた写真によるもので正真正銘の碑である。

P8200572.JPGP8200588 (0).JPG

 

 ☆ 対馬に行き、日本の陸・海・空の3自衛隊の基地があるのは我が国でも対馬だけ、という説明を受け、成る程とは思ったが、 話を良く聞くとかつての日露戦争の時から基地はおいてあるが、それは情報をキャッチするだけの為のもので、自衛隊隊員は殆ど地元地域の行事に参加したり(実際、自衛隊員が参加しないと地域住民の数が足らず何事も成立しない)、観光で訪れる韓国民が 唯一の収入源となっていて、人口減の止まらない島の活性化をつないでいることがいやと言うほど見てとれた。いざという緊急時に実際戦闘にあたる自衛隊員は他からくる予定だという。

P8210620.JPGP8210621.JPG 

 

☆ 話をお聞きした航空自衛隊、海上自衛隊の隊長や観光会社のガイドさん、街の商店の店主、行政側の誰もが、韓国から観光 客が来ることを良しとし、迷惑も感じているかもしれないがそれに生活を頼り国の領土問題を考えないようにしている気がした。唯一、神社関係の方々が、韓国観光客がお参りに来ると絵馬に「小泉総理早く死ね」とか「日本滅亡を望む」だと汚語を書き、お賽銭など絶対入れていかない、トイレも大変汚く使用して困る、とのことをおっしゃっておられた。

☆ 「対馬は韓国の領土である」という碑がウルルン島にある事実を考えると、対馬で見てきた実態が大変心配になる。 自衛隊基地の隣の土地が良く分からぬままに売りに出され、既に日本人名で売買が成立しとっくに登記が終了しているとのこと。その日本人は倒産した方で不審に思い背後調査を行政が行ったら韓国資本が買った事実が有り現在は自衛隊基地と塀など境もなく韓国人が往来できていて、こんなことがあって良いのかと呆れてしまった。もともと、日本の農地法は古く到底現況の我が国の状態に適しているとは思えない。対馬市長に面談できたので、この件をお聞きした所、

 対馬市議会として、国に「国境離島新法(防人新法)」の制定を早急に行うよう要請した、ことと議会として「森づくり条例」を制定し、今までの国土法では土地の売買も事後届け出制だったが「事前届け出制」をH23年4月1日より施行した、とのことでした。

P8210601.JPGP8210623.JPG

 

☆ 対馬は日本人から見ると、興味を弾く娯楽施設や名所がある訳ではないかもしれず、そのせいか日本人は殆ど行かないが、山や湖のない韓国の人から見るととても風光明媚な観光避暑地に見えている。それで毎年5~6万人もの韓国人が避暑や観光で対馬に来ている。ただ、経済をそこに頼っている島の方々の意識とは別に、日本政府はこの対馬こそ竹島や尖閣の二の舞にならぬよう、しっかりと急ぎ地元自治体の要請を聞き立法と整備に尽力しなければいけないと、強くつよく痛感した訪島でした。

 

 

P8210619 (0).JPGP8210617.JPG

このページのトップに戻る