目黒区区議会議員 飯田倫子>

子ども手当てにつき第二回目黒区議会本定例会で質問しました


終戦記念日に。

 今日は朝7時半に家を出て、出で立ちから気持ちを引き締め靖国神社へ向かいました。先に北方領土近くまで行った私の気持ちの中には、今後の隣国との外交や先の戦争の悲劇がごっちゃになって心配事として刻まれています。

 P8152216.JPGP8152213.JPG

 

  行ってみると大勢の参拝客が既に参道をうずめ、目黒区から参加していた磯野議員、宗田議員とともに控室で待つこと50分。9時少し前には丸川珠代議員、石原ひろたか前議員とともに本殿一番前に参座させて頂きました。心から今後の日本の平和をお守り頂けるようお祈りし、終わって外で自民党議員全員(全国の)で記念写真を撮り散会しました。

P8152214.JPGP8152217.JPG

P8152219.JPG

 

 私はひとり、追悼式の挙行予定の武道館へ。入り口では案内状を持参した方のみ入場可ということで、生憎持っていなかったので引き返しました。自宅に着くとちょうどNHKニュースにて天皇陛下のお言葉を拝聴でき武道館内部の状況も映像で見ることができました。

 

 今日、思うことはこれからは特に隣国諸国との関係の進め方が重要で、やり方ひとつ間違えるとまた第3次大戦のような悲劇にもなるということです。ただ、どこの国も自国の利益を考えない国は無いのであって、それを上手に絶やさず対話で交渉するのが大切と思います。

 何か利益がぶつかるときは相手国に何も言わない、しない、動かないのはすべて認めたことになるという世界的認識を持たねばダメだと思います。沈黙は決して美徳ではありません。これからの国政のリーダー達はどうか心して言うべきは上手に主張してほしいと思います。

P8152222.JPGP8152221.JPG

このページのトップに戻る