目黒区区議会議員 飯田倫子>

子ども手当てにつき第二回目黒区議会本定例会で質問しました


目黒区の放射線量測定が決定。

本日6月20日より本会議が開かれました。その前の議会運営委員会に「目黒区における放射線量の測定予定」が報告されましたので、ここに区民の皆様に概略をお知らせします。

1経過・・・H23年6月2日~危機管理対策本部において「目黒区放射線影響対策連絡会」設置。

           6月6日~「放射線量対策連絡会」において検討。

           6月9日~「放射線量測定の実施について」決定。

2放射線量の測定内容

 *空間放射線量のデータの活用。・・・・既に震災前から放射線量の測定を行っていた東京工業大

                         学・東京大学・東京都健康安全研究センターの高精度の

                         測定器による空間放射線量のデータの活用と併行して、

                         東京都が6月15日から測定しているデ―タも活用する。

                         都で測定する区内の場所は2か所の公園とする。<菅刈

                         公園・碑文谷公園>

                         #この東京都の調査では」地表面と地上1Mとする。

地表面の測定・・・・小学校の校庭、保育園の園庭、公園の広場と砂場の地表面の測定をする。

 

              ◎区内5地区の5小学校~東山小学校(ゴムチップ)・下目黒小学校(天然

               芝)・五本木小学校(人工芝)・月光原小学校(人工芝)・宮前小学校(ダス

               ト) ★それぞれの舗装材の材質に応じた測定を基本とするため選定し

               た。

 

              ◎区全体のバランスを考慮し次の5保育園に第3ひもんや保育園を加え、園

                庭と砂場の地表面を測定する。

               駒場保育園・不動保育園・祐天寺保育園・原町保育園・大岡山保育園・

               第3ひもんや保育園。

 

              ◎利用者の多い公園を基本とし、乳幼児の利用の多い公園を5地区

                バランスを勘案して次の公園で測定する。

               東山児童遊園・中目黒公園・唐ヶ崎児童遊園・富士見台公園・めぐろ区民

               キャンパス公園。

                          

小学校のプールの測定・・・・プール水については、5地区のバランスを考慮し次の小学校で測定する。

               駒場小学校・中目黒小学校・油面小学校・原町小学校・東根小学校。

測定の頻度・期間

              原則として2週間に1回。プール水については6月27日から9月15日までと

              し校庭や園庭、砂場は24年3月末までとする。校庭・園庭・砂場は7月7日

              から測定開始し結果は速やかにホームページ上で公表。

 

測定方法       (財)放射線計測協会が公正証明書を発行した計測器により測定可能な事

              業者に委託するが、区としての安全基準数値については、国の安全数値が

              出てから、それを基準とする。

 

 

 以上が概略ですが、やっと区内でも合計23か所にて測定されることになりました。個人の方々でもすでにご自分で測定器を購入され、測定されている方もおられると思います。自主測定については、それが悪い方にひとり歩きして行かぬよう祈りたいところです。いずれにしても、文科省のいっている基準を大きく上回る数値がどこかで測定されたら、区長答弁では直ちに対策本部で対策を講ずるとのことでした。

 

 私は、今回の原発事故について沢山の感想があり、とても言い切れない気がしています。昨夜も高濃度汚染水処理について想定外の?不具合が生じ、また先に処理が延びました。東京に住んでいる私達も誰もが福島原発が無事収束することを待ち望んでいるのですが、ありとあらゆる想定をし、対応をせめて先にさきにと実行してほしいのです。そうでないとまた再び更なる悲劇が日本中を覆い尽くす心配があるのです。誰もが口にこそ出して言わないまでも、これ以上の悲劇は避けねばならない日本の使命が世界に対してもあるでしょう。国民の不安を除く意味の施策はさっさと早めに手を打つべきは政治力です。

 残念ながら、今回の政府対応は落第点です。今回一番奉仕しているのは、自衛隊員の方々であるし、原発施設内に入り放射能をあびながらも頑張っている全国ハローワークから連れてこられた下請けの作業員の方々。これらの方々の対応は東電任せなのでしょうか。日当も次々と天引きされて、命と引き換えの作業の割には低賃金しかもらえない人もおられるとか・・・様々な非公表の事実もあるようで、一層政府の情報公開や責任ある行動を注文をしたいところです。

何よりも一番大切なこと、これからさらに高濃度の放射線物質に子どもたちが蝕まれぬよう知恵を対策をひねり出すのが政府の責任だと思います。

              

このページのトップに戻る