目黒区区議会議員 飯田倫子>

子ども手当てにつき第二回目黒区議会本定例会で質問しました

2010年12月アーカイブ


年末にあたり。

皆さま こんばんは。

 昨日、今日と日本列島に寒波が押し寄せている影響で全国的に荒れ模様の寒い年末を迎えています。多分、皆様も寒い寒いと言いながらも新年を迎える準備に余念がないことでしょう。私も、平素家の中や周辺の掃除を怠っていたので、ここ何日かはつとめて掃除をしました。

清潔な所には福の神が来ると言われていますから、来年こそは日本中に福の神が来てくれると良いなと思います。

 

 それにしても、つらつら今年を振り返ってみますと、なんとめまぐるしい一年だったことでしょう。第一、異常気象で暑すぎる夏が長く続き、農家や漁業にも影響が出て、野菜の価格高騰もありました。生産者、流通業者、消費者みなが価格に苦しめられたと言えます。これから、地球規模で色んな変化を体験していく時代が始まろうとしているようです。そう言えば、「グローバル化」という言葉を一般の人が聞くようになったのは、小泉政権半ばごろからだったでしょうか、何だか近頃は「黒船襲来」の時と同じ波に日本が直面している気がしてなりません。

 

 ただ、憶測でものを言わせてもらえるならば、あの時代はまだこれから何かをなそうという世代(就労者世代?)が今より人口比で多かったのではないか、と思えることです。それに、たとえば竜馬のような熱血漢がうじゃうじゃ居たとも思えます。今年一年の今の日本政治を見てきて、言葉としては「暑」ではなく、私は「迷」だと思います。迷走の「迷」。手さぐりも良いけれど、「迷」はいけない。とりわけ、雇用の問題と、福祉、外交の問題はしっかりやってほしい。それは政権の責任だから。円高に手をこまねいているようでは、政権担当能力ゼロに等しい。日本の技術の宝庫である中小企業がこんなにも苦しんでいるのに対策を打ち出せないのは、日銀と財務相に主に責任があるだろう。

  

 助けなくては。海外に技術をだまし取られ始めている技術者と企業を・・・来年こそは、能力ある国会議員がしっかりその歳費に見合った仕事をしてほしいとつくづく思う。不思議なことに、参議院選の時にはどの候補者も国家公務員法改正や議員定数削減を声高に叫んでいたのに、国会に行くようになったら、どの党の議員もぴたりと言わなくなった。そんなもんか、とがっかりしています。

 

 国会議員になる人は、本当に知識も豊富、信念に基づく確たる政策を兼ね備えた人がなるべきで、およそ顔が売れてるからという理由で投票する方もする方だな、と考えさせられる。日本は、今本当に第二次黒船時代ですね。少なくともこの経済、軍事力、科学、あらゆる分野で世界の只中へそれもハゲタカのいっぱいしのぎを削っている中へ放り込まれたも同然の小鳥ですから、一刻も早く優れたリーダーの出現が待たれます。

 

 話は変わりますが

 目黒区民の皆様には今年一年お世話になり、ありがとうございました。様々な行事も終わり、来年度に向けて今、23年度予算案が作成されている最中です。新聞紙上に区の厳しい財政状況が報道され、来年以降のことを心配されている区民の方々も多いことと思います。

5か年の財政計画を立てた時の予想以上の減収に、22年度当初予算から基金の取り崩しを余儀なくされた結果、このままいくと25年度で基金が底をつく見通しが出た、ということで他区と比較しても、財源不足が生じた際の対応をしっかり確立していく必要を私達議員も強く感じました。これから、区民の皆様の生活に直接被害の及ばない節約を心がけ、事業の見直しと対策を我が会派でも研究していきます。新規の箱ものなど、一般財源で造ることには私は反対で、なるべく在るものを活用していく工夫が必要と思いますし、重複施策は一本化も、と考えます。

 

 最後に・・来年の春のこと。

 来年は私達区議の選挙ですが、本当に4年の経つのは早かった、と思います。1回目の選挙で足らず落選した私はその後、4年間を一人で夢中で過ごしました。でも、途中から応援してくださる方がまた少しずつ増え、最後には選挙事務所も只同然で町会長が貸して下さり、友達や地域の方々が力を貸してくださいました。商店街のお店から、三度の食事の惣菜やみそ汁を運んでくださったり、今思うと、地域の皆さんのあの暖かい心で私は議員になれた・・と涙が出てきそうです。人は自分一人でできるのではない、皆の力で何かができるのだ、と思います。

 

 無鉄砲にも思えた区政への私の想い・・皆さん、本当にありがとう。誰かの後継者でもない、身内に議員がいたのでもない、無名の私は無力でした。あの夜、暗い空に向かって、皆で拳を突き上げ、やった~と叫びましたね。あの時の感慨を忘れず、4年間、精一杯働いてきたつもりですが、また私は目指します!更に、しっかり皆さまの声を届けるために。

 来年が、皆様にとって幸多き、明るい希望の持てる一年となりますように、心からお祈りします。議員は年賀状をお出しできませんが、この場で深く感謝とお礼を申し上げます・・・地域の皆さん、役所の皆さん、ありがとうございました。


大田区へ視察と買い物に。

 皆さま こんにちは。。クリスタルブレス.jpgミニブローチの数々。.jpgクリスタルブローチ.jpg岸田区議と.jpgブレスや指輪.jpg

今日は随分朝から激しい雷と雨風で一時はどうなるのだろうと思われる荒れた天気で始まりました。でも、お昼から晴れてきて風は相変わらず強くて、私の家の植木鉢は倒れるわ、洗濯物の竿は落下するわのとんだ天気の日でした。ちょうど午後から友達のコトウサンを誘って、大田区議の岸田さんに大田区福祉工房へ連れて行ってもらう予定になっていました。

 

 大岡山駅で待ち合わせ・・岸田先生の車にのせてもらうこと4~50分で「のぞみ園」に到着。場所は東糀谷の一角にその建物はありました。本区内の福祉工房はよく委員会視察などで行ったことはありましたが、他区のこういう施設は初めてです。少し緊張した面持ちで中に入ると、入り口ロビーには作品の展示ショーケースがあり、すぐに見せていただきました。写真にあるような、細かなクリスタルを使ったアクセサリーやブレスレットなどなど、本当に障害者の方々の手作業でこれが出来上がったのだと思うと、頭の下がるような気持ちが致しました。コツコツと積み上げて仕上がる美しいアクセサリー・・・ぜひ一般の方々にも見ていただきたく写真をたくさん撮らせていただいて参りました。

 

 勿論、大田区の行事や催し物の折には皆さんで展示販売されているそうです。お値段は手間のかかっている割にはお安く1000~2500円と、これで手間賃の足しになっているのか心配な位です。ここでは、18歳以上の知的障害の方々が、社会の生産活動の一部を担う作業訓練のための一環としてこういうアクセサリーも作られています。ほかに、公園清掃作業や企業からの依頼部品の袋詰め作業などを、予定を組んで行われています。   

 

 視察と買い物をさせていただいて、こういうきれいな作品はもっと多くの方々に見ていただいて買っていただけるとなお良いのかな、と思います。また、協力支援企業の発掘も事務局の方々が大変苦労されていることはどの自治体も一緒だな、と改めて世の中の雇用と景気を考えさせられました。その次に、大田区役所へ赴き、他の議員さんともお会いでき、議場も見せていただけました。岸田先生と私の議場でのツーショットを撮ってもらいました。

 

 今日は、他区のあちこちを車で廻って頂き、いろんな意味でお隣の区議さんとも意見交換ができて一石二鳥の一日でした。

もし、このブログをご覧いただいて御購入希望の方は、どうぞTEL03-5737-0777 のぞみ園事務局まで、お問い合わせください。

障害者の方々へのご協力になると思います。宜しくお願いします。

 

 岸田先生に感謝!!


目黒区議会定例会閉会。

  皆さま、こんばんは。

   毎日、例年になく暖かい日が続いていて皆様もいろんな意味で動きやすいことと思います。

  お陰様で、私もまだ風邪もひかず無事本会議11月定例会を終了することができました。(昨年は議席にティッシュの箱を持ち込んでました)

  今回は質問に立つ役回りでなかったのですが、我が会派から2本の意見書を提出・協議して、目黒区議会として政府に提出する予定でした

  ので、そのやり取りを楽しみに臨みました。

  自民党会派からは①尖閣諸島沖における中国漁船衝突事件に関する意見書②ロシア大統領の北方領土訪問に対し、毅然とした外交姿勢

  を求める意見書 の2本提出でした。③として父親の育児休業取得促進を求める意見書(共産党から)④として中小企業への景気対策の延

  長を求める意見書(独歩から)の合計4本の意見書が目黒区議会の総意として議長名で政府関係所管へ提出されることが議決された本会議

  でした。

  各会派から提出された意見書の可否を審議する前に、会派の幹事長から壇上で意見書提出理由が発表され、その後質疑が行われます。

  他会派からの質問に対し、提出会派の副幹事長が答弁するので、今回は開けてみないとどんな質問が他会派から出されるかわからず答弁

  者は緊張したと思います。ただ、意見書の内容文章も会派内の全員で一言一句検討は時間的にできなかったので、考えようによっては言い

  回しに?の個所もあったと思いますが、政府に出したという事実は良かったと思えました。

  議決された議案は

  条例の一部を改正するもの・・目黒区組織条例・消費生活センター条例・自転車等駐車場例・区営住宅条例・区民住宅条例・区立林間学園

                     条例・区立幼稚園条例・美術館条例・区立体育施設条例・

  ほかに、目黒区教育に関する事務の職務権限の特例に関する条例・特別区道路線と区有通路線の認定。指定管理者の指定として、福祉工

  房と自転車等駐車場の指定管理者の認定議案 などなどが議決されました。今回も陳情案件もかなりありました。

 

  今回も委員会によっては陳情を出された区民の方々が傍聴に見えていて、こういうとき、議員として精一杯陳情者の方々の思いや考えを心と

  頭で受け止めて真摯に検討していかねば、と思います。私などは一年生議員をようやく終了する時期を迎えた今、やっとあがらずに、質問し

  たいと浮かぶことが口に出るようになりました。それほど、会派の議員としてまた陳情された区民の方の代わりに発言するということが最初は

  難しく思えました。いたずらに行政側を責めるだけでは、解決にならない、かといって聞き方によっては違った答えが返ってくる、というこれは

                                      議席.jpg ある種、訓練でした。来季も区議として良き代弁者たるよう精進したいものです。

 

  

このページのトップに戻る