目黒区区議会議員 飯田倫子>

子ども手当てにつき第二回目黒区議会本定例会で質問しました

2008年2月アーカイブ


女性区議連視察。

2008-02-15.jpg

昨日、都下女性区議で新千代田区役所を視察に行って来ました。ここは、国が6割自治体が4割の建築費を出し合って、三井不動産が PFI方式で合同で建てた物です。場所柄も一等地で、お堀や武道館を望める素晴らしく明るい庁舎でした。国土交通省や総務省も各部局入っています。やり方というのは本当に大切と感じました。電子図書の貸し出しもする、全部指定管理者委託の図書館も進歩的なやり方をしていました。その成果が出始めていて、付近の神保町古書店が一次は何百件も減ったのに、また増加しているとか。現象というのは面白いと思いました。


環境問題研修会。

2008-02-12.jpg

昨日、自民党都連主催の全区議会議員対象の研修会に行ってきました。本区からは全員参加で、鴨下環境大臣のユーモアたっぷりの講習を受けてきました。地球規模で進んでいて待ったなしの環境対策・・本当に真剣に取り組まなければ大変と思いました。2005年2月の京都議定書締結時には主要なCO2排出国のアメリカが不参加で、今年7月の洞爺湖サミットでは日本が議長国となるので、是非ともアメリカなどから前向きな返事を引き出したいところです。

 発展途上国と、先進国と、中国、インドなどの新興国と三角の関係でCO2の排出量を巡り力関係がからんでいます。我国のできることは排出抑制技術提案ですが、中国などに対してもやすやす技術を差し出すような真似だけはして欲しくないものです。ちゃんとした担保と交換に持っていけたらベストです。


目黒区箱根保養所視察。

2008-02-09.jpg

5日の日に、生活福祉委員会で所管の方々と区所有の保養所の視察に行ってきました。保養所があって、区民のどなたでも申し込みをすると宿泊に行かれることは知っていましたが、区議になって初めて行って参りました。この保養所は源泉が引かれているとても良い温泉施設です。思っていたよりずっと室内もきれいで、区もかなりな維持費を使用しています。箱根登山鉄道強羅駅からは送迎車も出ているので、もっと多くの区民の方に利用してもらいたいと思いました。

 つまり、今はメンテナンス費用や諸々の出費を見るとシーズンだけ混む利用客の数だけでは足りないのです。これからPRの方法の工夫を痛感して一同帰って参りました。


残念なこと。


 今日、前時津風親方と部屋の兄弟子数人が逮捕されたニュースが報道された。親御さんの心中はいかばかりか、と思って見た。残念だと思うことは、暴力を振るわれていた稽古を目撃していた人が居たのに、通報がされなかったことだ。通報されたのかもしれないが、遅かった。変だ、と思った時に直ぐに通報してくれていたら、斉藤君は死ななくて済んだかもしれないと思うとたまらない。

 兎角、私達現代人は隣人の異変に無関心になっている。手を差し伸べ合おう。それは面倒なことに巻き込まれることもあるかもしれないが、無いよう気をつければいいことだ。斉藤君を診断した医師もおかしい。見れば明らかに分かるはずなのに、こんな虚偽の診断をするとは、親方から頼まれたのか、何を信じていいのかさえ分からなくなる。医師は絶対虚偽の診断をしてはいけない筈だから、これについての追求はないのか、見守りたい。

このページのトップに戻る